TEL:0493-74-0744

FAX:0493-74-2117

MAIL:tosou@mochida-s.com

金属焼付塗装技術

金属焼付塗装では、外観の美観性や意匠はもとより、製品用途に応じた塗膜の性能(耐食性・耐候性・耐薬品性など)を考慮した塗料の選択、及び選択した塗料の最適な塗装工程を設計することが求められます
ここでは、一般的な金属焼付塗装の工程を説明します。

1.金属焼付塗装工程①・表面研掃(研磨・ショット・サンディング)

金属加工品またはダイカスト品の素材表面状態によっては、塗装の付着性に影響を与える表面状態がある場合、又は、素材表面の凹凸などがある場合、素材表面のショットブラスト、研磨、またはサンディングを行い、金属表面と塗膜の付着性の安定、を図ります。素材の凹凸、ダイカストのユジワ等がある場合は、バフ研磨、パテ処理等を行い、修正します。

 

金属焼付塗装技術

 

2.金属焼付塗装工程②「化成処理」

金属素材は、加工後の保存時の腐食を防ぐために、素材に油脂膜が残っている場合が多くあり、それらを除くために、脱脂工程を行います。脱脂後は化成処理を行い製品の防錆性を高めます。

 

金属焼付塗装技術

 

3.金属焼付塗装工程③下地塗装

下地塗装では、素材との付着性及び耐錆性に優れた塗料(エポキシ塗料)にて下地塗装行います。

 

4.金属焼付塗装工程④上塗り塗装

下地塗装後に、本製品の目的用途に応じた塗料を選択、塗料仕様に合わせた塗装を行います。ソリッド色(単色)やメタリック塗装、模様塗装(ハンマートン、サテン調)などの意匠塗装は、この工程で行います。

 

金属焼付塗装技術

 

5.金属焼付塗装工程⑤焼付乾燥

塗料の仕様に応じた、焼き付け条件(温度、時間)にて焼付乾燥します。

 

金属焼付塗装技術

 

6.完成

外観や塗膜(膜厚、塗膜の密着)に問題がないか確認し、塗膜試験機検査が必要な場合は、その目的に応じた試験を行います。

 

金属焼付塗装技術

 

モチダ製作所では、長年培った塗装技術の蓄積と経験を活かし、塗装製品の使用用途に応じた塗料の選択及び塗装工程を設計、塗装を行っております。


株式会社モチダ製作所

お電話でのお問い合わせは、

電話番号0493-74-0744

FAX : 0493-74-2117
mail : tosou@mochida-s.com
受付時間:8:10~17:00(担当:持田まで)

住所

〒355-0303
埼玉県比企郡小川町奈良梨337-2
TEL:0493-74-0744

アクセス

◆お車にて
 練馬ICより40分
 嵐山小川ICをおりて10分

◆電車にて
 東武東上線・JR八高線
 小川町駅よりタクシーで15分